​​貸し出しにおいて当社の役割

​​オーナー様に代わり、最善を尽くします。

不動産情報はインターネットの進化により、相場などについて自分で調べることがある程度可能に。
このような時代に私達プロが行うべきこと。求められることは何か?

・入居者とのトラブルが起きないように入居者選びから慎重に。
・適正価格で貸し出しができるように工夫を凝らす。
・正確な情報をより多く提供する。
・安全な取引にする。​
​・都度サポートを行う。
・営業活動をしっかり行う。

より高く、より早く貸し出すには?
まずは相場を調査し、戦略を立てます。賃料や敷金・礼金などを検討しますが、合わせて競合を把握することが大切です。借りる方は、多くの募集物件の中から、最終的に1つを選びます。検討ポイントは人それぞれ。例えば、今の時代は、設定賃料を間違ってしまっては、埋もれてしまい空室期間が長くなるだけです。広告に掲載する画像などもそう。
弊社は1つ1つの判断ポイントをおろそかにすることなく、きちんと検討し、オーナー様に相談のうえ、進めます。



適正価格なのか?どのような戦略が適切か?
よほど不動産事情に詳しくない限り、判断することは難しいと思います。
やはり、プロが活躍できる場があります。弊社は以下サービスを提供します。​

1.募集物件と成約済み物件の情報提供。

ネット上に出ている競合物件情報を全て確認し、情報提供いたします。
また、不動産業者間の情報流通サイトREINSの情報も全て提供します。

成約済みの物件情報も提供します。
​これらにより、賃貸相場をある程度イメージしていただくことができます。

sell_action02.jpg
athome2.png
suumo2_edited.png
homes4.png

2.わかりやすく説明、正確な情報をお届けします。

契約内容や貸し出しまでの流れ、当社の営業活動内容もわかりやすく説明いたします。
また、税金、法律など、少しの知識しか持たない弊社が専門外のことでアドバイスをすることはありません。どのような分野においても、深い知識と経験が必要かつ大切であり、正しい知識を提供することが幸せな方向へと導くことを知っています。弊社は専門外のことについては、その分野のプロに相談し、お客様へその情報を提供いたします。

3.特徴をきちんとアピールいたします。

まずは、貸し出す不動産の市場をしっかりと調査し、その不動産がどのような点において競争力をもっているか、特徴(強み)を見つけます。強みを把握することで、アピールすべき点が見えてきます。オーナー様にも強みを確認いたします。
 
特徴だけでの差別化が難しく、多くの競合の中に埋もれてしまう場合は、価格で差別化を図ります。賃料や諸費用を相場より少し下げることで競争力を持たせます。ダラダラと空室期間が長くなるよりは、スパッと下げて、入居者を早く見つける提案をすることもあります。
 
お部屋の持つ強みが特定できたら、検討者への見せ方を検討します。
室内が汚い場合は、壁紙交換やクリーニングを行った方が収益性が高まるか検討したり、現状のまま募集を開始したほうが収益性が高まるのかなど、あくまでも賃貸事業として検討します。
 
リフォームの提案を行うにあたっては、収益性が下がっては本末転倒ですので、収益性をきちんと検討したうえで、ご提案いたします。その際は、オーナー様とお話しをさせて頂く中で諸事情に合わせてプランをご提案させていただきます。

4.安心安全な取引にする。

募集開始前に対象物件の調査を必ず行います。調査とは、室内設備の不具合や故障箇所の確認。
これは、契約成立後の問題発生を無くす目的です。借りる方に対して、きちんとした情報提供をしないことで問題発生に繋がります。貸主・借主双方にとって、より安心して契約を行える状態に整えます。
 
不動産の契約書は長々とわかりづらく書いてあり、理解し辛いものだと思います。また、一般的な契約内容であるかどうかの判断はプロでない限り、難しいのではないでしょうか。

このような不安を少しでも払拭できるように、希望者には賃貸借契約前に事前説明を行っています。基本的に雛形をメール等で事前送付。弊社が作成する契約書は、すべて全日本不動産協会の書式を使用。契約書の各ページには協会作成のものであることの記載があります。
この書式は、協会が記載が必要であると判断した必要事項を網羅し、すべて協会作成の条文です。違約金など個別条件は特約欄に記載。借主・貸主双方にとって一つの安心材料となるのではないでしょうか。

5.即動きます。

とにかくスピード勝負の賃貸業界。貸し出しが決まれば、即募集を開始します。
SUUMOなど人気の不動産検索サイトに掲載し、不動産業者間の情報流通サイトREINSやATBBにも掲載いたします。集客力を持っている仲介業者さんにどのようにアピールできるかも大きなポイントです。